VIO脱毛する時の方法と注意点

脱毛したいと思う体の部分といえば、腕や足、首など外側から見える部位があげられますが、他人からは見えにくい【VIO】に関する脱毛を考える方もいるようです。その方法と注意点についてご説明いたします。

 

VIOとは?詳しく解説

 

「VIO」とは、デリケートゾーンの周囲、つまりVIOラインの事です。

 

Vライン

Vラインとは、まっすぐ立った時、体の正面に見えるヘアの両サイドの部分で、V字に見えるビキニラインのことです。

 

Iライン

Iラインは、股関節の内側陰部の両サイド。

 

Oライン

Oラインは、肛門の周りの部分です。

 

このVIO部分の脱毛を個人で処理する場合、手が届きやすく比較的楽に脱毛できるラインと、Oラインのように自分では脱毛しにくい部分があります。そして、具体的な脱毛方法を選択する場合、季節や気分などで一時的な脱毛を望むケースと、永久に近い脱毛を目指すケースとで方法も違ってきます。

 

VIOのすべてのラインをセットでツルツルにしてしまう「ハイジーナ脱毛」もありますが、脱毛の痛みや終わった後の毛のない状態で後々悩みが。という事もありえます。

 

部分的に処理するなら、Vラインからでしょうか。Vラインは、自分で行う場合でも見やすい位置にあり、シェービングやワックス脱毛、脱毛クリームなどでの処理が可能です。

Vライン脱毛の仕方は?

Vライン脱毛を実際に行う場合は、最初に形を決めます。一般的に、上部の幅は人差し指と中指の2本分、高さは恥骨から3〜5cmが、ショーツの隙間から見えてしまうこともなく、形が良いといわれています。

 

形が決まったら、剃る前に毛の長い部分をハサミで短くカットしておきます。短くした方が剃りやすいからです。

 

適当な長さに短くした後、毛の流れに沿ってカミソリや電動シェービングなどで形を整えながら綺麗に剃っていきます。剃り終えたら、肌の保護のためクリームやローションで保湿をして状態を最終確認します。

 

他の部位は注意が必要です。Iラインの処理を自分で行うと、粘膜に触れるとてもデリケートな部位なので危険です。

 

例えば、陰部に近いため、カミソリで剃った後、雑菌による炎症のリスクなどが考えられます。OラインもIライン同様、自己処理の難しい部分です。

VIOライン脱毛の危険性

手が届きにくい、見えにくい場所でのカミソリやシェーバー処理の危険性が心配されます。基本的に、VIOラインは、クリニックや脱毛サロンでプロにお任せするのが一番安全で確実

 

サロンによる光脱毛とクリニックによるレーザーが一般的なVIO方法です。まずは、カウンセリングによりデザインを決めることがファーストステップですが、形が残るものなので、デザイン決定はとても重要です。

 

永久脱毛を希望するならレーザーでより脱毛効果が高くなりますが、強い痛みを我慢しなければならない場合があります。

 

「VIO脱毛」は脱毛の種類だけでなく、来店・通院ペースや価格や痛みなども含め、自分なりの条件を決めて、希望に合った方法を選ぶことが大切です。

  • アリシアクリニックの人気の秘密って?
  • 電話や店舗じゃなくてWEBが最安値なの!?
実体験を元に、アリシアクリニックで予約する前に絶対に見ておきたい必見情報を公開中です。
負担が無く、無理なく、気軽に全身脱毛はじめませんか?